・損得計算                             S.H 氏

 日常生活を営む上で、知っていると便利でお得なことがたくさんある。

 あるバス会社は、「バス優待券」なるものを発行していて、どんな路線も、1回当たり100
円で乗車することができる。何でも外出支援支援策の一環で、2001年より発売されている
ものらしい。

 例えば、390円区間は、100円で乗ることが出来て、丸々290円得することになる。

 但し、バス会社もしたたかで、「バス優待券」を乗車賃の100円とは別に購入しなければ
ならない。

・3ヶ月券・・・3500円(1ヶ月当たり、1167円)
・6ヶ月券・・・5900円(1ヶ月当たり、983円)
・1年券・・・10800円(1ヶ月当たり、900円)

 よく利用するのは、300円区間と180円区間なので、何回乗れば元が取れるのか計算し
てみた。「バス優待券」は、率の悪い3ヶ月券を想定した。

○300円区間の場合

 3ヶ月で n 回乗車して得するためには、次の不等式を満たさなければならない。

   3500+100n<300n

 これを解いて、 n>17.5 なので、3ヶ月で 18 回乗車すれば元が取れる。これは、
1ヶ月当たりで見れば、毎月6回(3往復分)となる。かなりお得な雰囲気。

○180円区間の場合

 3ヶ月で n 回乗車して得するためには、次の不等式を満たさなければならない。

   3500+100n<180n

 これを解いて、 n>43.75 なので、3ヶ月で 44 回も乗車しないと元が取れない。これ
は、1ヶ月当たりで見れば、毎月15回(8往復分)となる。毎週2往復位乗る必要があり、そ
れほどお得感はないかな?


(追記) 令和4年2月25日付け

 最近、キャッシュレス化が進み、買い物をすると、よく「○○%ポイント還元」という言葉を耳
にする。以前だと、現金払いで「○割引き」というのが普通だった。果たして、「10%ポイント
還元」と「10%引き」は同じ意味なのだろうか?

 例えば、1000円の買い物をして、「10%ポイント還元」ということは、次回の買い物で、
100円がサービスされるということだ。これは、言い換えると、1100円買い物をしてようや
く100円を得ることができるということだ。

 したがって、お得率は、 (100/1100)×100=9(%) にしかならない。実は、10%と
いうのはまやかしなわけだ。

 これに対して、「10%引き」だと、支払う金額は900円で1000円のものが買えるというこ
とで、お得率は、確実に (100/1000)×100=10(%) となっている。



  以下、工事中!


              投稿一覧に戻る